富士吉田市立看護専門学校
サイトマップ メール トップページへ
文字サイズ変更 標準文字サイズ 大きい文字サイズ 最大文字サイズ
検索
サイトの現在位置
トップ教育活動共通援助技術V(看護過程)
共通援助技術V(看護過程)
富士吉田市看護専門学校 図書室
アクセスマップ
 
2021年3月20日 更新
印刷用ページを開く
共通援助技術V(看護過程)
1年次生の12月から3月までの4カ月間、最大の課題は「看護過程」。
この看護過程は、看護実践に必要な問題解決思考を養います。
50歳代男性 肝硬変で入院した患者の事例を使用し看護過程の展開を学びます。まずは、肝臓の解剖生理や肝硬変の病態生理、症状、治療、看護などを事前に学習します。
ここでは、担当教員から配布された事例を使用します。
この日はグループワーク。担当教員に質問しながら学習します。
本校は、ロイの看護過程モデルをもとに看護を展開します。情報整理、1次アセスメント、2次アセスメント、看護診断、優先順位の決定・目標・介入計画の立案など、一つひとつ丁寧に学習しました。
本文終わり
ページのトップへ
お問い合わせはこちら
富士吉田市立看護専門学校  看護科
〒403-0005  富士吉田市上吉田5606−18
Tel: 0555-24-8787  Fax: 0555-24-7700
E-Mail: info@fymns.ac.jp
このサイト内の画像・および文章等の無断転載を禁止します。
フッター左画像
フッター右画像